結婚式場の仕事でみんなに幸せを届けよう|バイト探しの情報満載

期間工という働き方もある

工場

正社員以外の働き方とは

若い人を中心に正社員として働くことが難しい世の中です。それに代わって、派遣や非正規労働が多くなっていますが、低賃金のことが多いとの報道もあります。ところで、工場などに期間限定で派遣される期間工(期間従業員)という働き方をご存知でしょうか。この期間工は、自動車や電子機器、あるいは、部品などの工場で主に単純作業をします。住むところは、会社が用意する寮であることが多く、そのほとんどが無料です。働ける期間は、数ヶ月から3年くらいまでで、満期まで働いた人には、再就職などの支援をしている会社も多くなってきています。働いている人の年齢構成は、20代から60歳までと幅広く、収入は単純労働の割にそれほど悪くありません。

収入はどのくらいですか

寮付きの工場に期間限定で派遣される期間工の収入は、日給月給制あるいは時給月給制のところがほとんどです。日給でみますと、1日あたり9000円から1万円前後です。1ヶ月に働く日数は、標準で20日から22日くらいです。20日で計算してみますと、18万円から20万円が基本給ですが、残業や休日出勤がありますと、その分増えますし、各種手当もありますので、社会保険料や税金等を引かれたとしても手取りで、20万円から30万円は期待できます。そして、この工場派遣の期間工は、寮が原則無料ですし、勤務時の食事代も補助が出たり、あるいは無料ですから、食費もあまりかかりません。1ヶ月の手取りを20万円としましても、支出を数万円で済ますこともできますので、かなりの額を貯金できます。